整体を受けている女性

診察を受けるようにする

交通事故直後になくても‥‥

交通事故を起こしてしまった、又は交通事故に巻き込まれてしまった時、起こしてしまったという責任や、めったにない経験のために興奮してしまい、体の不調を感じにくくなります。警察の事情聴取や現場検証が怒涛のように過ぎ、その時は何も感じなくても、次の日になって、「あれ、なんか体が痛いぞ」なんてことがよくあるそうです。 そんな時は、できるだけすぐに病院に行きましょう。しばらく後になって、「痛みに我慢しきれなくなったから」と病院に行くと、事故によるケガなのかほかの原因なのかが判断できず、交通事故治療の補償が受けられない、なんてことになりかねません。 もちろん相手方との交渉、刑罰の判断も、物損と人身事故では大きく変わってきます。 最悪の場合は、事故にまきこまれてケガをしてしまったのに、補償が受けられない事態が発生してしまいます。

出来れば直後に病院へ

事故後は、大体の人が、興奮状態などで痛みを感じにくくなっています。しかし、少しの衝撃でも、筋力が弱い女性や高齢者なら、むち打ちといわれる状態になっていることが多くみられます。事故の精神的ショックから立ち直ってきている次の日には、首が回らないなどの症状が出始める人もいます。 そんな時は、もちろん病院に行きましょう。そして、いつ事故にあって、いつから症状が出始めたかなどを説明しましょう。同時に、保険会社にも連絡しましょう。交通事故治療は、補償の種類にもよるかもしれませんが、ほとんどが窓口負担がありません。事故後は何かと入用です。事故証明があれば、たいていの病院では自己負担が発生しません。 できれば、事後処理が終わってからすぐに病院に行き、痛みはなくても検査を受けることをお勧めします。交通事故治療に慣れている病院なら、次の日になって痛みが出てくることなどをよくわかっているので、一通りの検査で問題がなくても、「次の日に痛みがあったら来てください。」と先に言ってくれる先生もいるくらいですから。 交通事故治療は長引く事もあります。しっかり治すためにも、早期の治療がおすすめです。